好意 のレベル の

好意 のレベル の

女の子の好意レベルは5段階存在します。

 

嫌悪 興味なし 普通 友達 好意
この5段階が存在します。 これだけが全てでは無いのですが、分かりやすく伝えるための5段階です。 そして出会った人を様々な条件で振り分けます。

 

嫌悪
5段階中もっとも悪評価です。 嫌われている状況ですね。 ここからスタートすることはあまりないですが、 「生理的に無理」と思われる場合はここに当てはまります。

 

女の子の反応から掴める特徴としては、
メールの返信がない 電話はもちろん出ない 理由があっても出来るだけ会おうとしない 誘った時に断る理由が不自然 無愛想
などがあげられます。 少し相手を観察するだけで気付けるレベルです。

 

好意 のレベル の

 

このレベルの人に対して女の子はとても冷たいです。 言葉だけではなく態度や行動にまで現れている場合が多く、 ここの段階からの脱出はなかなか難しいです。
自分の存在を忘れさせるために期間を開けるのが一番効果的ですが、それでも挽回は骨が折れる思いです。

 

基本的には放置するしかありません。 時間が解決してくれます。
興味なし

 

言葉の通り嫌われてはいないですが、好かれてもいない興味がない状態です。
道を歩いている人、電車で横に立っている人もこの状態です。

 

挨拶をされれば返すけど自分からはしない メール内容に興味があれば返信する
など自分にあまり関わりのない人はここに属されます。

 

学校のクラスであまりしゃべらない人に街で出会った時、ばったり会った時に挨拶する程度の感覚です。

 

好意 のレベル の

 

となりのクラスのしゃべった事のない女の子に、好意レベルがあがっていないこの状態でラブレターを渡す男をたまに見ましたがフラれていました。 今考えると当然なんですよね。
しかし嫌いなわけではないので仲良くなるだけですぐにレベルは上下します。